So-net無料ブログ作成

内成棚田ツーリング♪ [ツーリング]

 

 週末だけが雨になる梅雨まっただ中の福岡県!

 この日だけは天気が夕方まで持ちそうなんで、カビ防止と充電もかねてR1出動! 

DSC06495.jpg

 前から行ってみたかった場所があったんで今日はソロでまった~り行っちゃうよ。

 っと予定してたら、FB友のKiyo Makoさんが行ってたみたいf(^^;(笑) 

DSC06497.jpg

 さぁ!雑草の緑が綺麗なファームを宇佐に向けて快走[ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]

 走ってるときの風は、ホント心地よくて気持ちいいのです。[るんるん] 

DSC06498.jpg

 いつもは家の冷蔵庫の番人をしているステファニーが、最近着いてくるようになったんだな。

 今日もタンクにへばりついて、お供してくれてます。(^^) 

 GSの尾根遺産に『可愛いですね!』って言われちゃって、ちょっと照れちゃいましたよ[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)] 

DSC06499.jpg

 宇佐のローソンで休憩して、R387からR500へ、途中左に入ると大分名物磨崖仏が

 あるのです。ちょっと気になったんで寄ってみました。 

DSC06500.jpg

 ん~!f(^^; かなり風化してて判らないんですケロ。

DSC06501.jpg

DSC06502.jpg

 さすが重要文化財!入れないように柵されちゃってますけど、

 だーれも来てないんですけど(笑) 車も通りゃしない。

DSC06503.jpg

 R500に戻って別府方面へ。 

DSC06504.jpg

 五月晴れのこの日は、山の緑も眩しいのです[ふらふら][あせあせ(飛び散る汗)] 

DSC06505.jpg

 別府に入って、久しぶりに明礬温泉にある岡本屋によっちゃいます。

DSC06506.jpg

 地獄蒸しプリン[黒ハート] ほろ苦いカラメルに大人だな!っと酔いながら2口で完食[るんるん][わーい(嬉しい顔)]

 何処かの誰かさんは、一人で2つ頼んだそうな(笑)

 恥ずかしがり屋の僕は、お淑やかに1つでじゅうぶんなのです。(^^) 

 コーヒー味なるものも新しく?できてたよ。 

DSC06507.jpg

 K11へ出て、志高湖方面へ。あとはナビの言うとおり!!っと[るんるん]

 もぅ目印もなーーーんも無いから自力で行くのは無理なのです(T▽T) 

DSC06508.jpg

 休耕田がちょっとあって残念だけど、いい景色だね~。

 この構図で自撮りするのは、かなり難しいんだよねぇf(^^; 

 現場を知ってる人は、わかるはず(笑) 

DSC06511.jpg

 上の道まで上がって、景色も堪能したしお昼へ移動。

DSC06513.jpg

 R210に出て庄内役場方面へ、左折しファームに入って長湯へ。

DSC06515.jpg

 相変わらずの貸しきり状態の道[わーい(嬉しい顔)][るんるん]  通称あやめロードだったっけ?

 K30に出るまで車にあわないのです。 

DSC06516.jpg

 今日のお昼は、めちゃめちゃ久しぶりに来た、長湯にあるラーメン隼!

 餃子が先に来たんで、食べてる途中にラーメンが来ると思ってたら…… 

DSC06517.jpg

 食べ終わってから、しばらく待ってやっとラーメンが来たよf(^^;

 トロっとしたチャーシューにバリ硬の麺が絶妙[るんるん][わーい(嬉しい顔)][るんるん] 大変美味しゅうございました。 

DSC06518.jpg

 ちょっと遅めのお昼を食べて、次に行った場所は、長湯から15分くらいの場所にある

 宮処野神社へ。 

DSC06519.jpg

 いつものように、説明丸投げ看板です。

 ちゃんと読んでね。  とにかくデカイ木が多い神社なのです。 

DSC06520.jpg

 ヘルメットを脱いだとたん、蚊の大群に大モテ[黒ハート] 

 ずーーーーっと着いて回られて、モテ期が キタ━―━―━―(゚∀゚)━―━―━―!! 

      DSC06521.jpg

 動くのをやめたら、蚊の大群の餌食でこのときすでに5ヶ所刺されてますf(^^; 

      DSC06522.jpg

 御神木級の木がいっぱいありすぎて、見応えはありますね。

DSC06523.jpg

 こーーーーぉんな広い駐車場に、ポツーーンとバイク1台のみ!

 もっとゆっくり貸切を楽しみたかったけど、蚊から逃げ出したかったんで、早々に退散。 

DSC06524.jpg

 K669を経由して、R442へ。

DSC06526.jpg

DSC06527.jpg

DSC06528.jpg

 阿蘇を眺めながら、瀬の本からK40へ

DSC06529.jpg

 草原の道を快走して、気温もかなり上がってそろそろ水分補給しないと

 干からびそう[ふらふら][あせあせ(飛び散る汗)]   

DSC06532.jpg

 町田バーネットでたまごソフトで水分補給。 

 濃厚な味で……ん~(><)余計喉渇いたぞf(^^;

DSC06530.jpg

 龍門滝まで、ファームを走って、ぐるっと回り込む感じで玖珠の町へ。

      DSC06533.jpg

 やっぱり喉が渇いたときはこっちだね。

 玖珠の金太郎が、『カキ氷始めました』って言ってたんで、思わずピットイン!

 マンゴウ味の大盛り練乳掛けでございます。

 喉の渇きも落ち着いて、帰路につきますよ。

 雲が増えてきて風も出てきたんで、雨の予感。 

DSC06531.jpg

 耶馬溪経由で帰る予定だったけど、やっぱり雲行きが怪しいんで、

 英彦山経由で帰ることに。  

DSC06534.jpg

 英彦山の駐車場で最後の休憩をして、

 K418からショートカットしてK451へ抜けて、添田方面に下って無事帰宅

 ガレージにバイクを入れたとたん雨が降り出したよ f(^^; セーフ!

 見たかった景色も見れたし、雨が降るまでガッツリ遊べたんで良しとしよう[るんるん][わーい(嬉しい顔)]

        本日の走行距離341キロ

 

 


阿蘇からの山口・萩の世界遺産ツー [ツーリング]

 

 4月の終わりに、ちびっ子バイクで佐賀で遊んだ後、グロムのリアタイヤ見たら

 スリップサイン出てもぅ終わっとる!f(^^; もともとフィーリングが好きじゃなかったし、 

 端っこはまだ使えるけど交換だぁーー! ヒビ割れもあったしね。

             IMG_2383.jpg

 選んだタイヤはDURO!台湾のメーカーでダンロップ傘下のタイヤメーカーみたい。

 最近は国内の中型スクーターバイクの純正タイヤにもなってるみたいで、

 パターンのカッコよさと、コストパフォーマンスでこれに決定!

 ミシュランの半額以下でっせ!(笑) 

DSC06374.jpgDSC06375.jpg

 黄色いお店で、組換えをしてもらって、早速インプレッション[ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]

 ……の前にタイヤの皮むきってよく言うけど、新品のタイヤの表面に付いてる硬化防止剤

 これが滑る原因なのよね。 走ってれば取れてくるんだけど、滑るんじゃないかって

 ビクビクしながら運転してるそこのあなた!これをすれば大丈夫!タブン(^^)/

 新品のタイヤに水を掛けたらわかるけど、水をビシバシ弾くんだけど、 

DSC06376.jpgDSC06377.jpg

 タワシにクレンザー(研磨剤入り)を付けて横の面だけでも、ゴシゴシ磨いて、

 泡を落としたらさっきまで水を弾いてたのが無くなっちゃいます。

 これで終了!  後は自己責任でアクセル開けてください(笑)

DSC06378.jpg

 タイヤの感触を確かめたいんで近くをウロウロしちゃいまーす[わーい(嬉しい顔)][るんるん] 

 何も考えずに、おもいっきり倒しこんでみたけど大丈夫でした。 

DSC06380.jpg

 近くといいながら……走ってると気持ちいいもんだから阿蘇まで来ちゃったよf(^^;

 タイヤの感触は悪くない!ってか前のタイヤが悪かったと判っちゃうくらいいいタイヤだ!

 倒し易くなったし、グロムのステップ初めて擦ったぞ(^^)/ 

 ファームロードわいたを走破して、 三愛まで来たんで近くの扇田に行ってみることに。

DSC06383.jpg

 田植え前で水を張っただけの扇田に来るのって初めてかも!?

 天気よくて、風も心地よくて貸切の絶景を見ながら寝ちゃいそうなくらい気持ちいいのです。 

 気が付くと田んぼの右側に見える3本の杉の木、前は7本だったのに切られちゃってる。 

      DSC06385.jpg

 池山水源でトイレ休憩して、そのままお昼をしようとしたら、地震の影響なのかカフェのみの

 営業でご飯はお休み!(T▽T) 

 近くの山水亭へ移動[レストラン] ここも日頃は多いんだけど、やっぱり地震の影響でスッカスカf(^^;

 お店の人も嘆いてましたよ。 みなさん行ってやってください。 

DSC06384.jpg

 今日のお昼はここで決定!  鶏丼を頼んで[わーい(嬉しい顔)][るんるん] 

 甘がらいタレと、シャキシャキなモヤシの歯ごたえが美味しさを引き立ててます[レストラン]

 お腹もいっぱいになったんで、こないだ来た時全く咲いてなかった、

 自生してるスズランを見に移動。

DSC06388.jpg

 結構咲いてたんだけど、雑草も育ってて花が目立たねぇf(^^; 

      DSC06389.jpg

 花自体低い位置で咲いてるし、小さいもんで写真撮るの体が痛くなっちゃうのですf(^^;

 もぅほとんど寝っころがって写真撮ってます。 

DSC06391.jpg

 通ったことの無い道を選んで、三愛方面へ。

 もちっこさんから、ピットイン要請がLINEに入ってたし、4時過ぎに約束してるんで、

 ぼちぼち帰る方向へ走りますよ。

 知らない道走って帰るのはいいんだけど、どの道通ったか全く覚えてませんf(^^;アハハ!  

DSC06393.jpg

 普通ならR211で小石原を越えて帰るんだけど、今日はちびっ子バイクなんで

 K52でR500へ抜けるルートで[わーい(嬉しい顔)][るんるん] ちょっと遊びながら帰ってます。 

DSC06394.jpg

 筑前岩屋駅近くにある、釋迦岳トンネルを掘る時に作った遺構が今も残ってるのです。

DSC06396.jpg

 岩屋駅から少し上った所にある石積みの棚田が綺麗な竹地区、田植えの準備で

 水を田んぼに張ってるかと思ったけど、まだまだでしたね。

 天狗が出そうな、K52を越えて無事帰宅。 

      IMG_2467.jpg

 帰ってリヤタイヤを見たら、溶けとるしf(^^; この気温での走りでここまで溶けたら

 夏場はどーなるんだ? ってか半年持つのかちんぱい(T▽T)チーン 

   帰って整備の用意をしてたら、

 こうさん・もちっこさんが、うちにピットイン!その模様はこちらから♪ ←ポッチッとしたら見れます。

DSC06397.jpg

 明けて日曜日!土曜日うちでメンテナンスしてて、明日走る??から、山口方面にでも

 行っちゃいましょ!で話がまとまって、待ち合わせ場所は…… 

DSC06399.jpg

 丁度、ツーリング帰りの人がいるんで、お迎えも兼ねて新門司港で待ち合わせ。[るんるん][わーい(嬉しい顔)]

DSC06401.jpgDSC06402.jpg

DSC06403.jpg

 定刻どおりフェリーが到着。

 ハッチが開いて出てきたよ~!響さんお帰り~~(^^)/♪ 

DSC06405.jpg

 無事にソロツーから帰還した響さんと集合写真[カメラ]

 僕らはこれから山口よ~!夕方までに帰るんで一緒に来る?って誘ったけど

 丁重にお断りされちゃいました(笑) 疲れてるしね ( ̄∇ ̄)

DSC06406.jpg

 土産話を少し聞いて僕らは山口へGo!

 土産話だけで土産はねーのかよぉ? (`ε´)ぶーぶー!(笑)

DSC06408.jpg

 門司ICから山口の美祢東JCTまでワーーーープ

DSC06410.jpg

 小郡萩道路(タダ♪)でR490・K32・R262・K32へと繋いで萩方面へ。

 もぅシールドに虫が張り付いて見にくいったらありゃしない。 

DSC06412.jpg

 松陰記念館でトイレ休憩[るんるん]と水分補給。

 ここに来たら『萩に来たぁ!』って思うのです。 

DSC06414.jpg

 最初の目的地は、明治日本の産業遺産で昨年世界遺産に登録された反射炉です。

 簡単に言ったら、西洋に追いつけ追い越せで鉄製大砲の鋳造に必要な金属溶解炉

 で、その煙突部分が残っているのです。

 1855年佐賀藩は反射炉の操業に成功していて、そこに萩藩が

 『ちょっと教えてくれんね!』って佐賀まで行ったんだけど、

 佐賀藩が『教えちゃられん!』 で、スケッチを元に

 見よう見真似で作ったのがコレ(^^)/ 佐賀藩のいぢわるぅ~(><)

DSC06416.jpg 

      DSC06418.jpg

 意外と外側はそこらへんにありそうな石を、うまい具合に組んでるんですね。

DSC06422.jpg

 反射炉の見学も終わって、場所移動(^^)カップラーメンも出来上がらないくらいの時間(笑) 

 ここも世界遺産なのでございす。 

DSC06423.jpg

 ペリーの黒船が来航した嘉永6年(1853)、幕府は禁止令を解禁し、翌年には萩藩に軍艦を

 建造するよう命じます。また、安政2年(1855)に、桂小五郎(木戸孝允)が軍艦建造の意見を

 藩に提出します。これらを受け、翌年には当時の藩主毛利敬親が洋式軍艦を建造することを

 決定します。

 当時、国内では伊豆半島の戸田村で、ロシア人海軍将校のプチャーチンが地元の船大工を

 使って西洋式木造帆船を建造していました。これが日本人による初の本格的な洋式船建造で、

 萩藩は戸田村に船大工棟梁を派遣し、建造に携わった技術者を招へい、安政3年(1856)

 恵美須ヶ鼻に造船所を建設します。ここで同年、「丙辰丸」が進水します。

                                   By 萩市HP 

DSC06424.jpg

DSC06425.jpg

 港といえばこのポーズ! ギターがあったら満点(^^)(笑)

DSC06428.jpg

 萩の城下町をバイクで走って、止めれそうな場所を探すけどやっぱり道が狭くて

 中央公園に止めて、歩いて散策開始[ダッシュ(走り出すさま)] 

DSC06430.jpg

 寝てるニャン子にちょっかい出したら、おもいっきり睨みつけられちゃいましたf(^^;

 目付きこえぇ~! 

DSC06431.jpg

 入り口間違えて裏から入ろうとした、円政寺に到着(^^)/

 神社とお寺が共存する珍しいお寺なんです。 

DSC06432.jpg

 158年前に書かれた地図?にも書かれてる円政寺ってすげーー!

DSC06433.jpg

DSC06434.jpg

DSC06435.jpg

 名探偵コナンのアニメにも出たお寺なんだって(^^)

      DSC06437.jpg

 高杉晋作と伊藤博文が子供の頃よくここで遊んでたという木馬。

 神社の方の神馬だね。1820年製なのです。長生きねぇ。(笑) 

      DSC06439.jpg

 さぁ!今日のお昼候補のお店へ、高杉さんちの脇を通って、てくてく歩いて到着。 

DSC06441.jpg

 よさげなお店だったけど、団体さんの予約が入ってて、1時間以上待ちになるから

 他に行っちゃいます(T▽T)/ 

DSC06443.jpg

 お店の『海鮮丼』っていう看板に引かれて、今日のお昼はココに決定!

DSC06444.jpg

 美味しくいただきましたぁ~!ここのお支払いはこうさん(^^) ゴチになりました。

DSC06445.jpg

 食後のデザートを食べて次ぎ行っちゃいますよ~[るんるん][わーい(嬉しい顔)]

DSC06447.jpg

 

DSC06468.jpg

 萩の町を後にして、R191を通って、山陰本線沿いに走ってしばらく行くと到着。

DSC06449.jpg

 現在本堂は大改修真っ只中!

DSC06450.jpg

DSC06454.jpg

 萩・毛利初代秀就は57才で逝去。祖父・元就は山口洞春寺、父・輝元は萩天樹院を

 菩提寺とするが、2代綱広が歓喜寺を改築、秀就の法号に因んで霊椿山大照院と

 改称して菩提寺とし、2代以後偶数代を大照院に、奇数代を東光寺と交互に

 葬られることになる。大照院には7世代の藩公夫妻が、家臣寄進の603基の石灯籠群

 に護られるが如くに静かに眠っているのです。

DSC06456.jpg

 毛利家のお墓にお参りをしながら、散策してると森の中に響き渡るおっさん二人の悲鳴!

 でっかい蛇が横切って行ったぞf(^^; 

DSC06458.jpg

 この墓石にだけ、徳川家の家紋が!毛利家に嫁いできたお姫様なんでしょうね。

DSC06465.jpg

DSC06467.jpg

 毎年8月のお盆時期に、ここにある灯籠に火が灯されるんだって。

 幻想的な世界でしょうね。 

DSC06471.jpg

 次行く場所に、そろそろいい時間なんで一気に宇部へ下ります。

 途中事故渋滞に巻き込まれたけど、ナイスな時間に到着。 

DSC06473.jpg

 本山岬公園にある奇岩を見たくて、干潮に合わせて来たのです。

 ここって潮が引かないと、行けないんだな! 

DSC06474.jpg

DSC06475.jpg

 くぐり岩って呼ばれてる奇岩は、波の侵食で出来た穴があるのです。

DSC06477.jpg

 この岩を見に来てるのは僕らくらいf(^^; 他の人たちは潮干狩りやってるよ(笑) 

DSC06481.jpg

 最後の集合写真を撮って、ちょっと早いけど帰る方向に走りま~す。

DSC06486.jpg

 海沿いをマッタリ走って。

DSC06484.jpg

DSC06489.jpg

 最後の休憩で水分補給!

 R190・R2を通って、小月ICからワープ!

DSC06493.jpg

 壇ノ浦で小腹が減ったんで、小休止[るんるん]

 バイクを止めてたら、声を掛けてくるライダーが…f(^^;どなた? 

 mixiでマイミクになってる、ALEXさんでした。(笑) お初でした[わーい(嬉しい顔)]

 あっ!ALEXさんの写真撮っとくの忘れてしまってたww 

DSC06494.jpg

 関門橋を渡って、このまま流れ解散。

 途中新門司あたりで気が付いたら……珍送団のケツ持ちになっとるf(^^;

 ちょっと横を失礼して、一気に切込隊長へ(笑)

 あとはまったり走って、無事帰投。 

  本日の走行距離337キロ